カンペは、スケッチブックからタブレットの時代へ

デジカンとは︖

スケッチブックを利用する従来のカンペを、タブレットやPCなどのデバイスで実現した、全く新しいツールです。
放送現場の働き方改革とペーパーレス化で、スタジオワークに変革をもたらす画期的な製品です。

ご利用イメージ

デジタルで働き方改革

各デバイスとのデータ連携・表示

デジカンは操作デバイスと表示デバイスで構成されます。それぞれ複数での組合せが可能で、出演者やスタッフや観覧者向けなど別々のカンペ表示をさせることができます。また、操作・表示デバイス共に、iPadやAndroidタブレット、Windows PCに対応していますので、普段から使い慣れたデバイスをご利用いただけます。

製品説明

デジカンの操作デバイス画面と機能をご紹介いたします。

※開発中につき、デザイン・仕様は変更になる場合がございます。
※お客様のご要望によりカスタマイズが可能です。

画面イメージ

メイン表示領域

 
 
ネクスト枠内の内容が表示され上書きできます。また を選択すると、新規画面が挿入され手書きができます。

ネクスト枠


 
メイン表示領域の内容は緑のネクスト枠内に表示されます。
TAKEボタンでON AIRに移り各デバイスに反映されます。

カンペ・スタンプボタン


 
 
カンペボタンは、撮影前に登録したカンペ用のデジタルデータを呼び出します。
スタンプボタンは、使用頻度の高い文字を登録し、利用できます。

画面イメージ

ON AIR


 
 
こちらの内容が、連動した各デバイスに表示されます。

TAKEボタン


 
 
タップするとネクスト枠の内容が各デバイスに表示されます。
表示内容はON AIR枠内で確認できます。

製品に関する詳しい内容についてはお気軽にお問い合わせください。

製品についてのお問い合わせ